ご存じですか?自動車業界の今

自動車業界の
有効求人倍率は4.5倍
高度な技術、
知識を身に付けた
メカニックが必要とされています

今、なぜ求められているのか?

  • 自動車産業は
    日本の
    基幹産業
  • 日々進化する
    先進技術搭載の
    自動車
人と車が繋がる時代へ

車輌がネットにつながることで、道路のリアルタイムな状況を加味したルート案内や、トラブル発生時に自動で通報することが可能になります。

  • 車検・点検・
    整備は
    無くならない
  • エンジンから
    モーターの
    時代へ
電動車の普及が進む

ガソリンだけを動力とするガソリン車より環境への負荷も少なく、また災害時の給電にも使用できる電動車の普及が進んでいます。

  • 車が動く限り
    事故・故障の
    修理が必ずある
  • グーグルなど
    IT業界が
    参入
IT企業が自動車業界へ

例えば、グーグルは2009年から自動運転開発プロジェクトを立ち上げ、他社に先駆けて自動運転実現に向けた活動に取り組んでいます。
※掲載の写真はイメージです。実際の車輌とは異なります。

本校には、高度な技術、知識をもったメカニックを育成する教育機関として

29名
一級自動車整備士資格を
持った指導者
320台の教材車輌と
最新設備を備えた
実習棟
だから
安心

メカニックは求められています!

  • 自動車整備業界の売上(2020年度)
    56,561億円
    4年連続増加!
  • 整備関連従業員
    539,086
    前年より2,593人増加!
  • 自動車の登録台数(2020年度)
    82,225,947
  • 整備士数
    339,593
    前年よ2,696人増加!

出典:一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会

このページの先頭へ戻る