POLICY/GREETINGS
POLICY教育方針
自動車に関する最新の知識と技術を修得させ、人間性豊かな整備士を養成し、
自動車関連業界で活躍できる人材を送り出します。
GREETINGごあいさつ
理事長様
質の高い専任スタッフに
よる熱血指導で夢の実現
をしっかり応援します。
理事長小倉 基義
全国自動車大学校整備専門学校協会理事・顧問 平成23年 藍綬褒章受章
群馬自動車大学校は1967年、礼儀、責任、融和の精神に基づき、人間性豊かな自動車整備士の育成を目的に設立された専門学校であります。常に、建物や実習教材、設備といった教育環境の整備に力を尽くし、これまでに10,000名を超える卒業生を社会に送り出すなど、モータリゼーションの発達に貢献してまいりました。近年、厳しい就職環境を反映して夢の持てない若者が多くなっていますが、群馬自動車大学校に入学してくる学生はしっかりと将来の目標を定めています。「初心忘るべからず」。この21世紀も、夢の実現をしっかりサポートできる専門学校として、親身になった指導などいっそうのレベルアップに取り組む考えです。ぜひ実績のある群馬自動車大学校で、自動車整備士へのチャンスをつかんでください。
群馬自動車大学校は1967年、礼儀、責任、融和の精神に基づき、人間性豊かな自動車整備士の育成を目的に設立された専門学校であります。常に、建物や実習教材、設備といった教育環境の整備に力を尽くし、これまでに10,000名を超える卒業生を社会に送り出すなど、モータリゼーションの発達に貢献してまいりました。近年、厳しい就職環境を反映して夢の持てない若者が多くなっていますが、群馬自動車大学校に入学してくる学生はしっかりと将来の目標を定めています。「初心忘るべからず」。この21世紀も、夢の実現をしっかりサポートできる専門学校として、親身になった指導などいっそうのレベルアップに取り組む考えです。ぜひ実績のある群馬自動車大学校で、自動車整備士へのチャンスをつかんでください。
学校長
情熱と愛情で明るく
楽しく学べる学校を
目指します。
学校長小倉 基宏
電気自動車をはじめ環境にやさしい技術が次々に開発されるなど、日本を代表する産業として今後もますます期待できるのが自動車産業です。それに伴って、自動車整備士には、より高いスキルと人間性豊かな接客サービスが求められています。そうした新しい時代にふさわしい整備士の育成に、真剣に取り組んでいるのが群馬自動車大学校です。情熱と愛情を持って学生を指導する教員のレベルアップはもちろん、社会の要請に応える一級自動車整備科、カスタマイズ科や自動車車体整備科のいっそうの充実、さらにはクラブ活動、学内イベントの活性化などに惜しみない投資を行い、教職員一同、学生一人ひとりが明るく楽しく学べる学校づくりに全力をあげています。
群馬自動車大学校は1967年、礼儀、責任、融和の精神に基づき、人間性豊かな自動車整備士の育成を目的に設立された専門学校であります。常に、建物や実習教材、設備といった教育環境の整備に力を尽くし、これまでに10,000名を超える卒業生を社会に送り出すなど、モータリゼーションの発達に貢献してまいりました。近年、厳しい就職環境を反映して夢の持てない若者が多くなっていますが、群馬自動車大学校に入学してくる学生はしっかりと将来の目標を定めています。「初心忘るべからず」。この21世紀も、夢の実現をしっかりサポートできる専門学校として、親身になった指導などいっそうのレベルアップに取り組む考えです。ぜひ実績のある群馬自動車大学校で、自動車整備士へのチャンスをつかんでください。
PROFESSOR講師紹介

GAUSはココがスゴい!

全国トップクラス
一級自動車整備士の講師数
総勢27名!
講師
  • ・髙島 敦也 先生
  • ・木村 庸夫 先生
  • ・高橋 浩司 先生
  • ・星田 正久 先生
  • ・石川 大貴 先生
  • ・松田 厚作 先生
  • ・齋藤 光春 先生
  • ・加藤 英俊 先生
  • ・吉澤 薫 先生
  • ・川島 利彦 先生
  • ・石田 健人 先生
  • ・神尾 和樹 先生
  • ・小林 善郎 先生
  • ・岡本 恵 先生
  • ・小林 靖 先生
  • ・堀越 貴美彦 先生
  • ・井田 裕視 先生
  • ・倉部 淳也 先生
  • ・岩村 昌明 先生
  • ・大澤 徹 先生
  • ・松岡 博 先生
  • ・大澤 孝徳 先生
  • ・小野瀬 剛 先生
  • ・吉田 宏 先生
  • ・小島 功一 先生
  • ・内田 宜宏 先生
  • ・森下 豊 先生
HISTORY群馬自動車大学校の沿革
昭和42年1967 4月…『群馬自動車整備技術学校』に校名変更
5月…自動車分解整備事業の認証を受ける
(校内で車検可能となる)
昭和43年1968 1月…自動車整備士養成施設として運輸大臣より指定
【1972】ホンダが世界のビッグメーカーに先んじて
低公害エンジンを搭載したシビックを開発
昭和49年1974 1月…二級自動車整備科新設
昭和51年1976 4月…『群馬自動車整備専門学校』に校名変更
【1980】 日本の自動車生産台数世界第1位となる
昭和56年1981 12月…学校法人小倉学園設立
【1987】 ホンダが国産車初のエアバッグシステムを開発
平成4年1992 12月…大食堂・多目的ホール(5号館)を新築
平成7年1995 1月…完成検査場(テスターライン)を新築
平成9年1997 4月…産業能率大学併修コースを新設
二級二輪自動車整備士養成施設として指定
【1997】 世界初の量産ハイブリッド専用車をトヨタ
自動車が製造販売を開始
平成13年2001 9月…新校舎(6号館)を新築
平成14年2002 4月…三級自動車整備科(技能連携による高卒資格コース)新設
平成15年2003 4月…一級自動車整備科、自動車車体整備科を新設
平成16年2004 2月…新校舎(7号館)を新設
平成17年2005 1月…『専修学校 群馬自動車大学校』に校名変更
新校舎(8号館)を新設
平成18年2006 1月…新校舎(9号館)を新設
平成19年2007 4月…『専門学校 群馬自動車大学校』に校名変更
カスタマイズ科を新設
【2010】 電気自動車が量産化され普及が始まり
「電気自動車元年」として歴史に刻まれる
平成27年2015 1月…新校舎(10号館)を新設
【2015】 世界初の量産燃料電池車(FCV)をトヨタ
自動車が製造・販売を開始
2月…職業実践専門課程に認定
【教材車】燃料電池車(FCV)トヨタ「MIRAI」1台導入
平成28年2016 4月…国際メカニック科を新設
平成29年2017 創立50周年
【教材車】レクサス「RC200t」6台導入
平成30年2018 【教材車】トヨタ「プリウス」12台導入
令和元年2019 【教材車】スバル「WRX STI」1台導入
スバル「WRX STI」
令和2年2020 【教材車】日産「GT-R」6台導入
日産「GT-R」
【教材車】フェラーリ「812 スーパーファスト」1台導入
フェラーリ「812 スーパーファスト」
【教材車】スバル「フォレスター」5台導入
スバル「フォレスター」
【教材車】日野「プロフィア」1台導入
【教材車】三菱「ekワゴン」5台導入
三菱「ekワゴン」
【教材車】日産「キックス」6台導入
日産「キックス」
TOPへ戻る