活躍する卒業生インタビュー

GAUSで夢を実現した卒業生たち

  • 山崎 健瑠

    学生時代の一番の思い出は、1年の校内競技大会で友だちになったクラスメイトとチームを組んで優勝できたこと。とにかく楽しい2年間でした。進路については、水平対向エンジンをはじめスバルの独自技術に興味があったことや、先生方の親身になったサポートもあって、希望通りの会社に就職することができました。現在では、車検整備も一人で任せてもらえるようになり、人の命を乗せて走るクルマを整備する責任の重さやヤリガイを実感する毎日を送っています。

  • 深澤 愛恵

    GAUSの一番の思い出は、大切な友だちがたくさんできたことです。社会人になった現在も、ご飯を食べに行ったり、仕事の悩みを相談したりしています。なので、皆さんもGAUSでたくさんの友だちをつくってくださいね。仕事としては、サービスメカニックとして車検整備や簡単な一般修理を担当。お客様から「頑張ってね」と励ましていただいたり、「ありがとう」と感謝されたりする、やりがいのある毎日を送っています。整備士の道に進んで本当に良かったと思います。

  • 仲田 晴喜

    GAUSで学んで良かったと思えるのは、勉強が苦手だった私でも先生方に特訓していただき、無事、二級自動車整備士の国家資格を取れたことです。現在、サービスメカニックとして活躍できるのも、そのおかげです。もちろん、まだまだ覚えることが多くて精いっぱいの毎日ですが、ひとつでも仕事のやり方を覚えると、自分の成長を実感できるのでうれしいですね。GAUSでの学園生活をいっそう楽しくするポイントは、友だちを作ること。たくさん作って、学園生活をエンジョイしてください。

  • 長橋 裕斗

    学校時代の思い出は、二級自動車整備士の学科試験に向け、夜遅くまで頑張ったことです。特に、担任の先生には一緒に親身になって教えていただきました。無事、二級自動車整備士の資格が取れ、こうして整備士として活躍できるようになったのも先生のおかげですね。工具を使った点検や整備業務は、子どものころから好きだったので、毎日楽しく取り組んでいます。また、学校の方針として礼儀やあいさつなどの人間教育に力を入れていたことも、とても役立っています。

  • 小沼 仁奈

    女の子でも楽しく学べる学園がGAUSでした。特に、校内競技大会ではクラスのみんなで力を合わせて優勝し、クラスの輪が一緒に広がりました。また、毎日遅刻しそうになる私を先生が「頑張れ」と励ましてくれたのを今でも懐かしく思い出します。仕事では、最近になって一人で点検や車検整備を任せてもらえるようになり、すごくやりがいを感じています。入学当初は、難しいと感じることもありましたが、最後まであきらめず頑張ったことが現在につながっていると思っています。

  • 須田 正夫

    最上級資格の一級自動車整備士と大学卒業資格の両方が手に入る環境が魅力でGAUSを選びました。楽しいキャンパスライフだったので、あっという間の4年間でしたね。就職にあたっては、「右へ習え」はしたくなかったので、メーカーへの就職を希望。就職指導の中田先生にすっかりお世話になり、いすゞ自動車に就職することができました。現在は、大型自動車のエンジンの開発部門で、試作品の性能テスト等を担当。新型エンジンを分解できる面白さを味わっています。

  • 佐藤 逸人

    GAUSでの学校生活でモットーにしていたのは、勉強するときと遊ぶときのメリハリをしっかり付けることと、先生方と親しくなること。いまでも、加藤先生や岩村先生から叱咤激励を受けたことはよく覚えています。こうしてBMWの正規代理店として、板金・塗装部門もある会社でサービススタッフとして働くことができるのも、先生方の親身になった熱いサポートのおかげです。その恩に報いるためにも、サービススタッフとしてしっかり成長していきたいと思っています。

  • 髙橋 弘樹

    一度は4年制の大学に進学したのですが、やっぱり好きなクルマに携わる仕事がしたくてGAUSに入り直しました。入学当初はクルマに関する知識はほぼゼロの状態。でも、先生方が親身になって教えてくれたことと、こちらも疑問に思ったことは積極的に聞くことで、クルマの構造や基本的な知識を身に付けることができたのです。特に、二級試験対策や履歴書作成の際、夜遅くまで付き合っていただいたことは忘れられません。現在、希望通りの会社で活躍できるのも、そのおかげです。

ページの先頭に戻る