教育方針・特色

教育方針

自動車に関する最新の知識と技術を修得させ、人間性豊かな整備士を養成し、自動車関連業界で活躍できる人材を送り出します。

理事長・校長あいさつ

質の高い専任スタッフによる熱血指導で
夢の実現をしっかり応援します。

群馬自動車大学校は1967年、礼儀、責任、融和の精神に基づき、人間性豊かな自動車整備士の育成を目的に設立された専門学校であります。常に、建物や実習教材、設備といった教育環境の整備に力を尽くし、これまでに約10,000名を超える卒業生を社会に送り出すなど、モータリゼーションの発達に貢献してまいりました。近年、厳しい就職環境を反映して夢の持てない若者が多くなっていますが、群馬自動車大学校に入学してくる学生はしっかりと将来の目標を定めています。「初心忘るべからず」。この21世紀も、夢の実現をしっかりサポートできる専門学校として、親身になった指導などいっそうのレベルアップに取り組む考えです。ぜひ実績のある群馬自動車大学校で、自動車整備士へのチャンスをつかんでください。

                      
理事長小倉 基義
全国自動車大学校
整備専門学校協会理事・顧問
平成23年 藍綬褒章受章

情熱と愛情で明るく楽しく
学べる学校を目指します。

電気自動車をはじめ環境にやさしい技術が次々に開発されるなど、日本を代表する産業として今後もますます期待できるのが自動車産業です。それに伴って、自動車整備士には、より高いスキルと人間性豊かな接客サービスが求められています。そうした新しい時代にふさわしい整備士の育成に、真剣に取り組んでいるのが群馬自動車大学校です。情熱と愛情を持って学生を指導する教員のレベルアップはもちろん、社会の要請に応える一級自動車整備科や自動車車体整備科のいっそうの充実、さらにはクラブ活動、学内イベントの活性化などに惜しみない投資。教職員一同、学生一人ひとりが明るく楽しく学べる学校づくりに全力をあげています。

                      
学校長小倉 基宏

GAUSの8つの強み

ページの先頭に戻る